<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ハイド・アンド・シーク | main | キングダム・オブ・ヘブン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

きみに読む物語

きみに読む物語 スタンダード・エディション
きみに読む物語 スタンダード・エディション

ラブストーリー系は10本に1本見るか見ないか?ぐらい
ほとんど見ないのですが何気に気になって見ました。
ニコールキッドマンの「コールドマウンテン」ほど劇的な何か
があるとか、そんなんじゃないのにものすごく胸がキュンキュンと
きしむぐらいドキドキした映画です。

物語自体はありきたりな両親に反対された富豪の娘と貧乏な青年の恋。
新たなお金持ちの彼と婚約した時その前の彼と再会と言った
よくある話なのに主役の2人がものすごく魅力てきで引き込まれました!

でも話の根っこはそこではなくってその物語(ラブストーリー)
を語っている人と聞いている人。
あんまり書くとネタバレになるのでこの辺で(^^)
ラストも本当に良かったです。

取り立てて日本で有名なハリウッドスターが出ているわけでは
ないですが久しぶりに良かった!この映画。
自分の学生時代にタイムスリップしました。


★★★★★



ち〜ちゃん * 映画*ラブ・ストーリー* * 22:16 * comments(2) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:16 * - * -

コメント

遅くなってすみません。返信TB&コメントありがとうございました。

この映画は、主役二人と、ジーナ・ローランズ&ジェームズ・ガーナーがとても魅力的でしたよね。

それでは、今後ともよろしくお願いします。
Comment by David Gilmour @ 2006/04/29 1:14 AM
こちらこそ、TBコメント共に有難う御座います。
又映画のお話たくさんしましょうね。
Comment by ち〜ちゃん @ 2006/05/04 11:37 AM
コメントする









トラックバック

「きみに読む物語」

ニコラス・スパークスのベストセラー小説を映画化した「きみに読む物語」(原題=The Notebook、2004年、米)。この映画は不変の男女の愛を描いたもので、さらに人間にとっての自由について表現している。若者二人の演技もさることながら、ジーナ・ローランズとジェ
From シネマ・ワンダーランド @ 2006/04/22 11:20 PM
このページの先頭へ